土壌

偉大なワインとは、葡萄の品種・土壌そして天候という3つの要素が見事に融合した結果です。



シャトー・ヴュー・シュブロールの土壌は、酸性質灰粘土と第四紀の砂岩から成り、現在の砂や小石が干え上がって、むしろ土壌としてはあまり報いるところの少ない土壌です。しかし、生る葡萄の数は少なくても個性的な実を付けさせる為に、メルロ種が根をゆっくり深く張らせることができる土壌なのです。



ひ弱なメルロ種の成功は、この土地が水底から39メートル上に位置し、ガルフストリームの効果に関連した海洋浸透によることが大きいと言えるでしょう。



歴史土壌ワイン畑での作業醸造生産年行き方スライドショー