醸造

ここでは、人の手による丁寧な手入れが重要です。つまり、少ない実が濃縮され、完璧に熟することによって複雑なアロマへと自然に変わっていくという不思議な特質。それが、葡萄産地のワインの定義になります。


ここで作られるワインは、変化しやすいエマルジョンです。そのバランスは、酒樽の中で仕上げられます。つまり、木の透水性によって酸素が樽の中のワイン全体に行き渡るからです。


シャトー・ヴュー・シュブロールでは、フランス産の無茎コナラで出来た厚さ5㎝、600リットル入りの大樽で、生産される年によって異なりますが、12〜18ヶ月間その樽で育てられます。毎年全樽の10%が、新樽に取り替えられます。

歴史土壌ワイン畑での作業醸造生産年行き方スライドショー